消費者金融

自動契約機

消費者金融で新規契約をするには、店舗の窓口に行って契約書類を記載し、社員の方と対面審査で契約をするのが一般的でした。しかし、大手消費者金融が始めた自動契約機が大ヒットし、キャッシングローンの自動契約が主流となったのです。

自動契約機は各社によって名称は違いますが、基本的なシステムが同じです。対面審査のように社員と向かい合って、設問に答えたり、必要書類に記載することもなく、契約機が設置してあるブースの中で、機械が指示する通りにすれば、審査を受けることが出来ます。

つまり、機械で対面審査をするのが自動契約機の仕組みです。業者側とすれば、店舗を設置するより遥かに低コストなので、店舗側にとっても歓迎すべきシステムですし、顧客側にしても対面審査で顔を見られるのを嫌がるのが人間の性ですので、両者の思惑が一致したわけです。

一般的には、二坪ほどの部屋に設置されてある自動契約機には、タッチパネル式のモニターやカメラが装備され、利用者はその前面に座ってパネル操作をして審査を受けることになります。

00無利息ローン

無職無審査で融資可能?

自動契約機と消費者金融の本部とはネットで接続されており、パネルの上に据え付けられたカメラで映像はリアルタイムで本部のほうへ配信されます。審査官はモニターで利用者の様子を見ながら設問をすることもありますし、利用者からの質問に回答したりアドバイスをしたりします。つまり自動契約機というのは、そのブース内は無人であっても、金融会社の営業本部とモニター越しに対面審査をしているのと同じことなのです。むしろ、映像を通しての対面のため、より注意深く姿格好をチェックされているといっても過言ではないでしょう。ちなみに自動契約機の審査が対面審査に比べて甘くなるということはありません。